私たち希望の場所で注文住宅に住み始めました

住宅街

注目記事

賃貸の身軽さというメリット

高層ビルが立ち並ぶ街

賃貸と対となって比較されるのが分譲住宅です。 …

READ MORE

分譲と賃貸のメリットデメリットについて

ビル

賃貸に入居した場合は、修繕積立や共営費は物件のオ…

READ MORE

分譲と賃貸のメリットデメリットについて

ビル

賃貸に入居した場合は、修繕積立や共営費は物件のオーナーが支払ってくれる事が多いです。その為、借りる側は家賃と管理費で住めることになる場合がほとんどです。まれに借主が払う場合もあるので、入居前に確認する事が大切です。分譲の場合は自分がオーナーになるわけですから、修繕積立も共営費も支払わければなりません。
賃貸の場合は、あくまでも賃貸で借りている物件なので、部屋の中に釘等を打つなどは出来ません。好きなように改装する事も出来ません。もしも釘を打ったりしてしまった場合は、壁紙などの修復等で物件を出る前に自腹で原状回復して出なければいけません。分譲の場合は、自分の好きなようにリフォームも出来ます。
同じお金をかけるのであれば、分譲にした方がお得な気もしますが、後々何か不具合が起きた時は自分で修繕しなければならなくなります。賃貸の場合は、室内の備え付けの物の不具合はオーナー支払いの場合も出てきます。
分譲の場合は、町内会や組合に加入する事になる場合があるので、近隣の方との兼ね合いも気にしなければいけない所もあり、近隣の方と何かあった場合に、すぐに引っ越すことが出来ないという事も考えられます。賃貸の場合も多少は近隣との兼ね合いもありますが、どうしても無理な状況になった場合は引っ越すことも出来ます。
分譲にするにしても、賃貸にするとしても、自分に合った住み方が出来るように十分に検討して決める事をお勧めします。

Copyright(C)2016 私たち希望の場所で注文住宅に住み始めました All Rights Reserved.